科学

2014年3月号
(Vol.84 No.3)

●創刊1931年●

目次


目次のpdf(本誌印刷目次のpdf)はこちらをご覧ください。

 

  

購読のご案内

科学トップページ

特集 
震災・原発事故3年


[対談]エネルギー政策のゆくえ──「エネルギー基本計画に対する意見」をめぐって……植田和弘・鈴木達治郎

住まいの再生をめざして……平山洋介

生態系を活かした防災・減災のすすめ……鷲谷いづみ

東北の海辺のいま──巨大防潮堤・海岸防災林問題を考える
……鈴木孝男・平吹喜彦

飯舘村住民の初期外部被曝量の見積もり
……今中哲二・飯舘村初期被曝評価プロジェクト
付録:放射能汚染への向き合い方──どこまでの被曝をガマンするか……今中哲二

不確実さに満ちた過酷事故対策──新規制基準適合性審査はこれでよいのか……井野博満・滝谷紘一

福島原発事故対応をめぐる問題……荒木田 岳

被ばくをめぐる時系列表……市民科学者国際会議実行委員会┼編集部




巻頭エッセイ
  「減災レジリエンス」を進化させ,コミュニティ減災を実現する……河田惠昭


記憶固定機構の細胞生物学――記憶研究のパラダイム転換をめざして……小倉明彦・冨永(吉野)恵子

[特集 科学的助言:科学と行政のあいだ(つづき)]
[座談会]
“安全宣言”事例から考える科学者の役割(後編)
……尾内隆之・小山真人・平川秀幸・山岡耕春

2014年2月7日福島県県民健康管理調査検討委員会発表データによる甲状腺検診分のまとめ……津田敏秀

チェルノブイリ原発事故27年目のウクライナ――日本政府の視察報告書を検証する……白石 草

炉心溶融物とコンクリートとの相互作用による水素爆発, CO爆発の可能性……岡本良治・中西正之・三好永作




科学通信
〈コラム〉分子で地球を読む 謎だらけのメタン……大河内直彦

STAP細胞をめぐる報道……編集部


連載
火山列島―大地の声を聞く<3>再生の予感,豊かな水と緑……宮武健仁

3.11 以後の科学リテラシー<17>……牧野淳一郎

ちびっこチンパンジーと仲間たち<147>イルカから見た世界,チンパンジーから見た世界……友永雅己

広辞苑を3倍楽しむ<68>稲妻……永野 惇


[電子版]http://www.iwanami.co.jp/kagaku/e-Kagaku.html
再論 福島第一原発1号機の全交流電源喪失は津波によるものではない……伊東良徳


 

 

 

 



 

 

 

 

Copyright 2011 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店