宇宙論はどこへ向かうのか?


◇宇宙はどのように誕生し進化してきたのか? 現代の宇宙論はそれを解き明かし終えたのでしょうか? 「無」から誕生した宇宙が,急激な膨張期(インフレーション期)を経て火の玉宇宙となり,その後,膨張とともに冷却しつつ銀河や星の世界をつくっていったという描像は確立したものなのでしょうか? 現代の宇宙論の課題は何なのでしょうか?

◇宇宙には巨大な謎があります.題して二つの暗黒.ダークマターとダークエネルギー.人間の知恵はこの暗黒をみごとにさばけるのか? いま観測と理論の両面から果敢な挑戦が繰り広げられています.

◇宇宙膨張が加速しているという衝撃的な観測が大きな波紋を引き起こしました.二つの暗黒の正体如何によっては,宇宙論だけでなく物理学の根幹もゆらぐかもしれません.

◇大きな謎の前に,わきたつ宇宙論の熱気をお伝えします.どの解説をご覧になっても,宇宙論がおもしろくなっていることがきっとおわかりいただけるでしょう.そして,一般の方々が宇宙にどのような思いを抱いているのかもご紹介してみました.

宇宙の大規模構造のシミュレーション
(吉川耕司、景益鵬、須藤靖らによる)

 

*無断転載を禁じます(岩波書店‘科学’編集部:kagaku@iwanami.co.jp).

目次にもどる

‘科学’ホームページへもどる

ご購読の案内はここをクリック


岩波書店ホームページへ