今の一冊:アメリカは日本に何を求めてくるか

 トランプ新大統は、就任のその日に、TPP(環太平洋連携協定)からの脱退を宣言する、とのことです。

 これまで多くの問題が指摘されてきたTPP。日本の農業がつぶれてしまうのではないか、また、多国籍企業の利益ばかりが優先され、自分たちで政策を決められる範囲が狭まってしまうのではないか、そもそも、政府が言うような経済成長に本当につながるのか、などなど。でも、トランプさんが脱退を宣言するのであれば、これでTPPは絶体絶命、やれやれあの大騒ぎはいったい何だったんだ……と、すでにTPPを「過去の問題」のように感じていらっしゃる人もいるのではないでしょうか。

 トランプ新大統領は、多国間の協定としてのTPPはやめて、もっとアメリカの利益を第一に据えた二国間交渉に切り替える、という考えのようです。これまでのTPP交渉の中でも、アメリカは自国の企業の利益を第一に据えて交渉する姿勢を示してきましたが、それをもっとあからさまな形で行なう、という点が、トランプ新大統領の言う「TPP脱退」の一側面としてありそうです。

 そうすると、表現は変わるかもしれませんが(「市場を開放しろ」から「もっと負担しろ」などへ)、結局のところ、論点はTPP交渉の際にアメリカが持ち出してきた問題と変わらない、ということになります。このブックレットは、TPP交渉の中でアメリカが日本に示した要求の詳細や、その要求を受け入れた際の私たちの生活への影響などを分析しています。日米間の交渉テーマはまたこの地点に戻りそうです。ぜひご一読ください。

カテゴリ別お知らせ

ページトップへ戻る