オーディオブック

FeBe!

LisBo

岩波書店と新潮社は,両社が保有する作家や学者の貴重な講演音源をインターネットで有料配信するサービス「LisBo(リスボ)」( http://lisbo.jp/ )を2016年10月3日(月)に開始致します. 
 「LisBo」は「Listening Audio Book Service」の略で,「知を聴く」をコンセプトに複数の出版社が主体となって作られた,新しいオーディオブックサービスです. 
 岩波書店では1957(昭和32)年,岩波文庫創刊30年,岩波新書創刊20年を記念して「岩波の文化講演会」をスタートし,1990年代まで全国各地で開催.さらに1964(昭和39)年には,「岩波の市民講座」という講座形式の小規模な会を1979(昭和54)年まで開催し,現在,両方を合わせ約350本の講演音源を保有しています. 
 また,かつて新潮社は1966(昭和41)年~96(平成8)年,東京・新宿の紀伊國屋ホールで毎月「新潮社の文化講演会」を主催しておりました.また1980(昭和55)年~91(平成3)年には,東京池袋のスタジオ200で「新潮文化講演会」を催し,現在,両方合わせて約800本の講演音源を保有しております. 
 今回,両社はこれらの音源の中から公開可能な約60講演を選び,音源をデジタル化し,ストリーミングによる有料配信に踏み切ります. 
 料金は月1,500円(税別)の定額制で,音声コンテンツを聴き放題でお楽しみ頂けます.また,登録した月は末日まで無料となる「初月無料キャンペーン」を実施します. 
 サービス開始時は岩波書店,新潮社,そしてPHP研究所の松下幸之助の講演音源1本が加わる予定です.今後,落語,朗読,ビジネスなどのジャンルも加え,厳選した音声コンテンツを順次公開していく予定です. 
 2017年初旬には300コンテンツ以上の配信を目標としています.



■公開中の音声コンテンツ

岩波書店(29講演)
網野善彦 「日本中世の平民と職人(第一回)(第二回)」
大野 晋 「語学と文学の間」
中尾佐助 「イモの文化とイネの文化」
遠山茂樹 「近代天皇制の成立過程(第一回)(第二回)」
遠山茂樹 「近代天皇制の成立過程」
坂口謹一郎 「酒学入門」
高田博厚 「ルオー:その人と芸術」
谷川徹三 「日本の美」
福田歓一 「民主主義と国民国家」
真下信一 「人間論(第一回)~(第三回)」
藤田省三 「天皇制の政治的構造(第一回)(第二回)」
宮城音弥 「心の不思議」
中谷宇吉郎 「科学の本質とその限界」
宮崎市定 「『論語』の新しい読み方(第一回)~(第三回)」
松田道雄 「教育と集団」
井上ひさし 「わたしにとっての戯作」
羽仁五郎 「大学の問題」
林屋辰三郎 「日本中世の社会と文化(第一回)」
林屋辰三郎 「日本中世の社会と文化(第二回)」
宮沢俊義 「人権を守るもの」
西嶋定生 「東アジア世界の形成と展開(第一回)(第二回)」
井上 靖 「歴史小説と史実」



新潮社(33講演)
遠藤周作 「『沈黙』について」  「日本人とキリスト教」  「日本が初めて西洋と出会った頃」
「自分の知らぬ自分」
福田恒存 「シェイクスピア劇の魅力」  「近代日本文学について」
「処世術から宗教まで(一)~(四)」
開高 健 「経験・言葉・虚構」  「雨の日には釣竿を磨きながら」  「足で考え,耳で書く」
高坂正堯 「歴史としての二十世紀(第一回)~(第六回)」
「文明が衰亡するとき(第一回)~(第六回)」
江藤 淳 「『漱石とその時代』を語る」
阿川弘之 「海軍を語る」「精神のフレクシビリティ」
城山三郎 「私の好きな日本人」
新田次郎 「何を書くべきか」(1974年6月14日)  「何を書くべきか」(1975年10月3日)
野坂昭如 「なぜ小説を書くか」
水上 勉 「わが体験と小説ー『兵卒の鬃』をめぐって」



PHP研究所(1講演)
松下幸之助 「処世のコツ」

カテゴリ別お知らせ

ページトップへ戻る