日本国憲法施行70年

近代国家には,政治権力を律する基本的な枠組みがあります.それが「憲法」です.1946年11月3日に公布された日本国憲法は,翌47年5月3日に施行されました.憲法記念日は,旧憲法の下で,思想弾圧や言論統制に苦しみ,また無謀な戦争に多くの命が奪われた反省と,国の新しい歴史のスタートを記念する祝日です.現在憲法「改正」の動きが活発になっていますが,憲法を変えてまで目指す国の行方は,次の世代に幸せなものでしょうか.

私にとっての憲法
私にとっての憲法 岩波書店編集部 編
施行から70年.私たちはこの憲法をどれだけ使いこなし,その理念を自らのものにすることができたのか.自身の憲法体験から,憲法を「活かす」ためのヒント,現在の憲法論議への提言まで.さまざまなジャンルの53人がさまざまな視点から憲法を語った,53人の憲法論.
《執筆者》
赤川次郎・池内了・石田雄・井戸まさえ・伊東光晴・色川大吉・打越さく良・内田樹・大田堯・岡田憲治・岡野八代・尾辻かな子・親川志奈子・鹿島徹・片山善博・北原みのり・久保利英明・熊谷晋一郎・久米宏・黒澤いつき・小谷真理・坂手洋二・坂本龍一・佐藤直子・佐藤芳之・島薗進・笙野頼子・白井聡・鈴木邦男・想田和弘・高遠菜穂子・竹下景子・田中美津・永井愛・仲里効・西谷修・西原春夫・西山太吉・仁藤夢乃・丹羽宇一郎・浜矩子・原寿雄・PANTA・半藤一利・比嘉慂・平野啓一郎・藤原辰史・保坂展人・保阪正康・松元ヒロ・山口智美・山崎拓・米倉明
体系 憲法訴訟
体系 憲法訴訟 高橋 和之
憲法訴訟に関する待望の概説書.権力を統制し,権利保護を実現するには緻密な手続論が不可欠との観点から,憲法訴訟論の体系化をめざし,膨大な判例と学説を検討,訴訟技術上の諸問題を解明する.著者の多年にわたる研究の結晶.
日本国憲法の誕生 増補改訂版
現憲法制定過程で何が起きたか.第九条制定の背景に存在したものとは.GHQ側,日本側の動向を解明して定評ある必読書が,新資料に基づく知見により,さらに充実.戦後の平和主義の原点を再照射する論点も加えた改訂版.

カテゴリ別お知らせ

ページトップへ戻る