〈緊急シンポジウム〉 「米朝核危機と日本」 開催 (小社後援・11/4)

〈緊急シンポジウム〉「米朝核危機と日本」を開催します (11/4)

 *ご参加無料/事前のご予約不要
 



〈シンポジウムについて〉
 朝鮮半島情勢の緊迫を受けて,この状況を学問的知見にもとづいて分析しつつ,平和解決を構想するための緊急シンポジウムを開催します.
 主催する実行委員会は,早稲田大学韓国学研究所,東京大学韓国学研究センターが中心となり,小社(岩波書店)が後援しています.

【開催趣旨】
・北朝鮮による核/ミサイル開発は,核兵器廃止を求める国際世論に逆行し,東アジアの平和と安定を脅かしている.この問題の平和的解決を真剣に検討しなければならない.
・日本政府は,アメリカのトランプ政権とともに「圧力の強化」を主張しているが,それが有効な解決策であるのか,逆に緊張を悪化させる恐れはないのか,他に有効な選択肢があるのではないかということが,日本国内において,より深く検討されるべき.
・学術的知見をもとに,現在の情勢を「どう考え,どうすべきか」を議論し,安全保障にかかわる問題についての「考え方」を整理して共通の認識を持つことが,本シンポジウムの目的となる.


シンポジウム名 : 〈緊急シンポジウム〉米朝核危機と日本――平和的解決を求めて
主 催 : 「緊急シンポジウム 米朝核危機と日本」実行委員会
日 時 : 2017年11月4日(土)午後1時開会(開場12時30分)午後5時閉会
場 所 : 東京大学駒場Ⅰキャンパス 18号館ホール
      アクセス http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html
参 加 : 無料/事前ご予約不要(直接会場にお越しください)
      ※参加多数により会場定員を越えた場合には入場できないことがございます.

登壇者のご案内
・あいさつ  河野洋平(元衆議院議長/元外務大臣)
・問題提起  遠藤誠治(成蹊大学教授)
・基調講演  柳沢協二(元内閣官房副長官補)
   ・「北朝鮮の論理と現状」 平井久志(共同通信客員論説員)
   ・「韓国はどう考えるか」 全在晟(ソウル大学教授)

   ・総合討論 李鍾元(早稲田大学教授/司会) 
美根慶樹(元日朝国交正常化交渉政府代表)
木宮正史(東京大学教授)
朱建栄(東洋学園大学教授)
尾形聡彦(朝日新聞オピニオン編集部次長兼機動特派員)
和田春樹(東京大学名誉教授)ほか

【報道関係者様へ】
・当日は会場に報道機関用のお席を一定数,準備いたします.事前のお申し込みは不要ですが,あらかじめご連絡をいただければお席を確保いたします.
・事前にイベント案内等で告知にご協力いただける場合は,下記問い合わせ先までご連絡ください.

■お問い合わせ
・岩波書店『世界』編集部
 電 話:03-5210-4241(担当:熊谷)
 Mail :event@iwanami.co.jp

・東京大学韓国学研究センター
 Mail :cks@iags-cks.c.u-tokyo.ac.jp

カテゴリ別お知らせ

ページトップへ戻る