「長くつ下のピッピの世界展」東京富士美術館にて開催(7/28~9/24)


長くつ下のピッピの世界展
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~
日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

2018年7月28日(土)~9月24日(月・祝)東京富士美術館にて開催


*詳細はこちらをご覧ください.



長くつ下のピッピ



◇詳しくは,展覧会のサイトをご覧ください
http://www.pippi-ten.com/


【展覧会のみどころ】

 1941年の冬,アストリッド・リンドグレーンは,風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと,天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語りました.これが『長くつ下のピッピ』誕生のきっかけとなりました.そして1945 年,第2次世界大戦終戦の年に出版された世界一強い女の子ピッピの本は,またたくまに世界中の子どもたちの人気を集め,今日まで70年以上にもわたり読み継がれてきました.

 本展では,スウェーデン王立図書館所蔵,ユネスコ“世界の記憶”に登録された『長くつ下のピッピ』等の貴重な原画をはじめ,スウェーデン,デンマーク,エストニア他より,「ピッピ」「ロッタちゃん」「やかまし村」シリーズ等の原画や,オリジナル原稿,愛用品など約200 点が出品され,その多くが日本初公開となります.さらに,本展のために制作された特別映像や,ピッピの住む〈ごたごた荘〉を精巧に再現した大型模型をお楽しみいただけます.

 また,リンドグレーン作品に描かれる,スウェーデンの生活文化,自然との共生,子育てといったテーマにも焦点があてられます.94年の生涯にわたり,多くの子ども向けの作品を生み出し,“子どもの本の女王”と呼ばれたリンドグレーンは,その人生と作品において,子どもの人権を守り,権力に屈せず正しいと思うことを貫き通し,子どもたちのために大切なものを守る努力を続けました.そんな作者の知られざる人生もご紹介いたします.

【開催概要】

期 間 : 2018年7月28日(土)~9月24日(月・祝)
  *休館日は月曜日(9/17(月)は開館,9/18(火)は休館)
開館時間 : 10:00~17:00(16:30受付終了)
  *休館日は月曜日(9/17(月)は開館,9/18(火)は休館)
会 場 : 東京富士美術館 本館・企画展示室1~4 
      〒192-0016 東京都八王子市谷野町492-1
入場料 : 大人1300(1000)円,大高生800(700)円,中小生400(300)円,未就学児無料
  ※新館常設展示室もご覧になれます
  ※土曜日は中小生無料
  ※( )内は各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・当館メルマガ登録者ほか]
  ※障がい児者,付添者1名は半額[証明書をご提示下さい]
  ※誕生日当日にご来館された方はご本人のみ無料[証明書をご提示下さい.休館日の場合は適用できません]
URL : http://www.pippi-ten.com/

■主催 : 東京富士美術館
■後援 : スウェーデン大使館,デンマーク大使館,エストニア大使館,八王子市,八王子市教育委員会
■協賛 : 野崎印刷紙業
■協力 : アストリッド・リンドグレーン社,コピーライツアジア,徳間書店,岩波書店,偕成社,スウェーデンハウス,イケア・ジャパン


立ち読みPDFより
夫ステューレとアストリッド.
ヴルカヌス通りの住居にて,1939年

カテゴリ別お知らせ

ページトップへ戻る